2018年5月18日 (金)

講義

 通常出勤で授業の準備。2限は大学院特殊講義。圭頭大刀の研究史と、今後の方向性。留学生は一時帰国中だそうで、受講者2名。寂しい。

 3限は学部特殊講義。三角縁神獣鏡と圭頭大刀の2本立て。湿度が高く、集中力が続かない。大雨になる前に帰ろう。

|

2018年5月17日 (木)

文章

 9時から某会議。この会議、ほとんど意義を感じない。10時半に強制終了。

 今日はほかに会議もなく、論文書きに専念。ようやく最後の考察までたどりついた。これが完成すれば頭椎論文を始められる。

|

2018年5月16日 (水)

木簡

 通常の8時過ぎ出勤。圭頭大刀の集成の続き。2限は大学院演習。

 昼はサッカー。今日はまったく活躍できず、草原の貴公子こと史料のY氏に蹂躙され、完敗。
 4限は講読。佐原真論文。
 夕方からやっと自由な時間。総会発表の文章化。『飛鳥藤原木簡の研究』を拾い読みしていると、飛鳥池工房と伊予の関わりについて書いてある。改めて、古代史研究との協業が必要と痛感する。

|

2018年5月15日 (火)

暑い

 初夏というか、夏の陽気。1・2限は考古学実習。平板による等高線入れとトータル立ての練習。

 昼はサッカー。学生も多数参加し、人数多し。シュートを空振りするも、立ち足にボールが当たってゴール。2日連続ゴール。
 午後は演習。さらに遺物整理。遺物の選別とレイアウトとトレース。合間に実測の指導。
 夜は裏ゼミ。「年代決定論(二)」学生の頃はまったく理解できなかったが、今なら色々と分かる。

|

2018年5月14日 (月)

勝てない

 下位のサガン鳥栖と引き分け。勝てない。点が取れない。ラファエルシルバの存在は大きかった。

 昼はサッカー。足を伸ばして1ゴール。
 午後は遺物整理。トレースの指示と、坊主山の図面貼り。5限に授業で実習室を使うので、撤退。
 仕事も研究も進まず。

|

2018年5月11日 (金)

2コマ

 通常出勤で授業の準備。2限は大学院特殊講義。愛媛での資料調査成果について。

 昼も授業の準備。3限は学部特殊講義。小林行雄説に基づく古墳の発生の歴史的意義と、愛媛の成果の2本立て。
 疲れた…。
 夕方から図書館で圭頭の資料集成。通信教育関係の仕事を1つ片付ける。
 再び考古学研究の原稿書き。もう7時。明日も仕事があるので早く帰ろう。

|

2018年5月10日 (木)

会議

 通常出勤。図書館で圭頭大刀の資料集成。9時半から会議。昼も会議でサッカー行けず。午後もひたすら会議。夕方に終了。

 やっと仕事。懸案がひとつ片付いた。夜は考研総会の発表を文章化する作業の続き。
 早く頭椎の論文が書きたい…。

|

2018年5月 9日 (水)

大人買い

 久々に読みたくなり『MASTERキートン』全巻をネットで大人買い。しょうもない新書を読むより、やる気が出る。

 8時過ぎに通常出勤。甲塚関連の仕事をして、2限は院の演習。今年はみな真面目に出てくる。昼はサッカー。今日もぬかるみ。5人vs5人の決戦。1ゴール。
 4限は講読。佐原真論文。夜は雑用をこなしつつ、古天神の報告書を読む。円頭大刀の編年と双龍、頭椎の整合性はいかに。
 

|

2018年5月 8日 (火)

実習

 1限から実習。平板。すでにマスターした人はトータルステーションの立て方。今年の測量からトータルだ。

 昼は小雨の中、サッカー。グラウンドもぬかるみ。
 午後は演習。その後、遺物整理。さらに裏ゼミ。「年代決定論(一)」。なぜか属性分析の重要性が強調されている。
 今日も仕事が進まず…。

|

2018年5月 7日 (月)

再開

 連休終わり、今日から仕事再開。

 溜まっていた書類の作成。遺物整理で坊主山鉄鏃のレイアウト。甲塚のトレンチ配置図作成。
 夜は資料調査のお礼状書きなど。ほとんど雑用で1日終了。
 『古天神古墳の研究』が送られてきた。これから読みます。

|

«愛媛