« 資料調査と査読 | トップページ | 国家論 »

2006年12月22日 (金)

弘法山

 松本市に弘法山古墳の鉄剣を見に行ってきた。3年生の研究室旅行で行って以来なので、11年ぶり?

 博物館は変わってない。かつて展示室で桜ヶ丘古墳の甲胄を見て、都出先生が「鋲留やね」といったのに対し、私は「これ鋲留ですかー?革綴ですよ。」と反論した。都出先生は冠と共伴しているのを見て鋲留といったわけだが、実際は革綴だった。2年後、大分への研究室旅行の時、都出先生に「あの時は参った。」といわれたのを思い出す。

 資料を早く見終わったので、歩いて弘法山へ。Dsc005102 少し天気が悪いが、北アルプスも見える。これで今年の資料調査は終了。来年度も引き続きヤリを追いかける予定。

|

« 資料調査と査読 | トップページ | 国家論 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/4638189

この記事へのトラックバック一覧です: 弘法山:

« 資料調査と査読 | トップページ | 国家論 »