« 面倒なこと | トップページ | 博士論文 »

2007年1月15日 (月)

古代武器研究会

 1月13・14日は古代武器研究会に行った。その前に家の掃除をしていたら、気分が乗ってきたので台所まで磨き上げ、東先生の講演はパス。予定より1時間遅れで滋賀県立大学まで出発。

 南彦根は普通しか停まらないので、京都から普通電車に乗る。音楽を聴きながら、本も読みながら、20分近く電車に乗り、ふと窓の外を見ると、予想外の方向に琵琶湖が見えるではないか。琵琶湖線ではなく、湖西線に乗っていた。降りた駅は和迩駅。ここも普通しか停まらないので、30分近く待って京都行きに乗り換え、さらに山科で乗り換え…。予定より2時間遅れで県立大着。橋本さんの発表まで聞けなかった。

 河内さんの庭鳥塚の発表は聞けた。初めて鉄鏃の図を見る。新しいタイプも含まれているようだ。刀剣は、だいぶ以前に見たので記憶があやふやだ。やはり実測しないと頭に入らない。水野さんの鉄鏃の発表も良かった。かなり美しくまとめられていて、分類案にも賛成できた。

 この研究会に来ると、新しく武器の研究を始める学生さんにも会えるし、橋本さん、鈴木さん、松木さんはじめ、武器をやっている先輩にも会える。そこで新しい情報を得ることも多い。事務局は「休会」をほのめかしていたが、何らかの形で続いてほしいものだ。

|

« 面倒なこと | トップページ | 博士論文 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/4935162

この記事へのトラックバック一覧です: 古代武器研究会:

« 面倒なこと | トップページ | 博士論文 »