« 資料調査の予約 | トップページ | 東京 »

2007年2月 1日 (木)

返事

 韓国の師匠のS先生からFAXが来た。調査先の大学にも手紙を出しておきなさいという指示。思えば当然のことだが、先生に頼んでおけば何もしなくていいはずはない。これで韓国関係は片付き、あとは具体的な準備だけ。落ち着いて紀要と論文の執筆に取りかかれる。

 論文では図面のレイアウトが終わり、分布図を作る。作りながら、分布の傾向に中心を見いだせないことに、どのような解釈を下すべきか悩む。おそらく資料不足で傾向が見えないのだと思うが、こればかりは急に資料が増えるわけではないので仕方がない。考え続けているうちに、いつの間にか古墳時代前期の鉄剣把について分類案が固まってきた。やはりテーマを変更して良かったと思う。

|

« 資料調査の予約 | トップページ | 東京 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/86993/5161095

この記事へのトラックバック一覧です: 返事:

« 資料調査の予約 | トップページ | 東京 »