« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月29日 (土)

展示

 藤原宮ルネサンスにともない、藤原展示室も土日開館中。今日は当番で出勤。だいぶ涼しくなってきたので、空調を入れるべきかどうか、悩む。

 懸案の資料も見たので、ヤリ論文の分布図とグラフを作り直した。あとは写植を記入して完成。遼寧に行く前に送ることができそうだ。それでも博士論文の道のりは長いです…。

|

2007年9月28日 (金)

韓国

 今月から、ハングル講座初級編に参加している。講師は同僚の夫人。今まで何度も挫折してきたが、直接教わると続きそうな気がする。

 ハングルといえば、是非とも見たいのが高敞・萬洞遺跡の鉄器。11月には余裕がありそうなので、そろそろ交渉を始めないといけない。 

|

2007年9月27日 (木)

飛鳥寺

Img_0111  飛鳥寺で講堂の礎石が露出しているというので、見に行く。昨年度、T田さんが掘った場所。来迎寺の塀の改修工事で、講堂の西妻柱列が見えた。礎石も巨大だし、柱間も広い。さすが飛鳥寺。

 その後、平城・藤原合同部員会議があったが、飲み会はパスして速攻で帰り、レッズvs全北現代を見る。内容的にも完勝でした。次の相手は城南一和。こちらの方が手強そうだ。

|

2007年9月26日 (水)

送別会

 昨日は補佐員のH君の送別会だった。送別会も、藤原調査部の送別会、部屋の送別会、サッカー部の送別会など色々あり、昨日は部の送別会である。

 彼は実はサッカーが上手だが、呼ばないとグラウンドに出てこない。もう少し自分の能力を前面に出してくれると、もっといい仕事ができると思うが…。

|

2007年9月25日 (火)

見学

 先週末は遺物・遺跡見学の連続だった。

 まずは香川・さぬき市津田町。懸案だった岩崎山4号墳の鉄器を見せていただく。四国でこれだけまとまった資料は、ほとんどないのではないか?(朝日谷2号もあるが。)もっと早く見るべき遺物であった。郷土館は冷房がなかったので、2リットルくらい汗をかいたような気がするが…。

Img_0104  Y氏とT氏の案内で、鵜の部山古墳も見学させていただく。不勉強にも知らない古墳だったが、いわゆる讃岐型前方後円墳を堪能した。鵜の部山から岩崎山まで、前期古墳が充実した地域だ。

 土曜日は長尾山の現説に行く。暑い中、みなさん頑張ってました。とくに院生のTさんの説明ぶりが良かったです。山を下りる途中、昨年の講義のT.AだったY君らしき人物とすれ違いました。彼はバイクだったので話ができなかったけど、元気そうでした。

|

2007年9月20日 (木)

城南高校

 9月も終盤なのに異常に暑い中、京都府立城南高校まで行ってきた。尼塚古墳出土ヤリの調査。

副校長先生に親切にしていただき、社会科準備室にて見学。あまりの残り具合の悪さにしばし呆然とする。

城南高校はもうすぐ統合されるそうで、資料の行く末が気にかかる。

|

2007年9月19日 (水)

東院

 平城の東院の現場を見学に行く。9月も半ばを過ぎたというのに、暑かった…。

 担当は史料のY氏。とにかく柱穴が大きいのに驚く。一辺が1.5m、深さも背丈近くある。これぞ宮殿の建築です。こういうのが出れば、甘樫も蘇我氏と関連づけられると思う。

|

2007年9月18日 (火)

長尾山

Img_0088  阪大の長尾山古墳の調査を見学してきた。阪急山本といえば、大学に入ったときに下宿探しで来て以来、十数年ぶりだ。大学から遠すぎて、結局住まなかったが…。こんなところに前期古墳があるなんて、全く知りませんでした。

 大学の調査は楽しそうで良い。仕事だと、効率ばかり考えてしまう…。

|

2007年9月14日 (金)

見学

Img_3538_2 橿考研の現場を見学に行った。担当のA氏はアポなし訪問にも関わらず、懇切丁寧に説明してくれた。ありがとうございます。

 ついでに、初瀬朝倉宮推定地?をウロウロする。こんな狭いところに本拠を設けて、さきたまから江田船山まで治められたのだろうか…。

|

2007年9月13日 (木)

ホームページ

 福島大の菊地さんから、研究室のホームページを開設したというメールが来た。確かに、去年会ったとき、学生を増やすためにも開設したいと言っていた。

 で、見てみました。発掘の案内も載っていて、今後の展開が楽しみです。

http://www.ads.fukushima-u.ac.jp/~kikuchi/index

|

2007年9月12日 (水)

千客万来

 最近、研究所のOBがよく藤原に来る。現説では花園大の高橋さん。一昨日は富山の黒崎さん、九大の岩永さん。

Photo  昨日は東北大の今泉先生。(面識がないので、なぜか先生づけになってしまう。)今泉先生は現場まで案内を仰せつかった。

 で、今日は山口大の橋本さん御一行。橋本さんの場合、「夜はみんなと酒が飲みたい」と言ってくるところが、奈文研OBらしくて良い…。

|

2007年9月11日 (火)

引っ越し

 室長が高松塚から帰還して、プレハブから新収蔵庫への引っ越しを進めている。その手伝いで何かと忙しい。昨日は時計の設置、パソコンの設置、テーブルの移動など。今日はコピーの搬入。

 新収蔵庫は広くていいが、私は狭い木器整理室が落ち着く…。

|

2007年9月10日 (月)

現説

070908_144045  土曜日は藤原宮大極殿南門の現説。1000人以上来たらしい。いつもながら、飛鳥・藤原は熱心な見学者の方が多い。顔なじみの人も結構いる。やり甲斐があります。

|

2007年9月 8日 (土)

日本対オーストリア

 起きた瞬間にテレビをつけた。日本vsオーストリアの後半が始まっていた。開始早々、達也のいい突破が見られたが、シュートは枠を越えた。その後は退屈な試合…。一瞬映った客席のおじさんが欠伸をしていたのが、すべてを象徴していたような…。もっと仕掛けないと…。スイス戦では果敢に行って欲しい。

 今日は藤原宮大極殿南門の現説。駐車場係を仰せつかった…。

|

2007年9月 7日 (金)

募集

 うちの研究所の公募が出ていた。今年度退職する人の分、しっかりと補充してくれるようなので、一安心。このご時世に考古だけで3人も…。動物考古も別に1人採るらしい。そろそろ阪大の後輩が入ってこないかな。

070907_090014  通勤途中に藤原宮内を通過すると、怪しげな柱が。「藤原宮ルネッサンス」なるイベントのためらしい。私が4年生の時の研究室小旅行でも「ロマントピア藤原京」とかいうイベントがあった。当時はそこで発掘する羽目になるとは、夢にも思わなかったが…。

|

2007年9月 6日 (木)

InDesign

 ここ数日、InDesignを使いこなそうと悪戦苦闘している。

 今まで一太郎でレイアウト見本を作ってきたのだが、あまりに操作性が悪く、InDesignを試すことにした。しかし、本来は印刷屋さんがやるべき仕事をこちらでやっているような気がしてならない。あくまで見本で、深入りしないほうがいいかもしれない。

 藤原宮大極殿閤門の現説準備が着々と進んでいる。台風の影響がなければいいのだが…。

|

2007年9月 5日 (水)

遼寧会議

 会議があったので、久々に平城地区に行く。遼寧省との共同研究運営会議。小林さんと会うのも久々だ。阪大の高橋さんも一緒。

 今年は10月10日から20日まで、朝陽で実測の予定。とはいえ、私は非常勤があるので、13日から参加する。慣れ親しんだ瀋陽ではなく、朝陽滞在だ。牛嶋さんも行きつけのスーパーや屋台に行けず、ストレスが溜まるのではないだろうか?

 最近、平城に行くと誰も相手をしてくれない…。身も心も藤原の住民になってしまったなあ…。

|

2007年9月 4日 (火)

追加資料

 ヤリ論文の本文をほぼ書き終え、追加で資料調査に行く必要が生じた。一つは京都・尼塚の資料。筒形銅器と共伴しているので、型式を確定しないといけない。もう一つは香川・岩崎山4号墳。四国は資料自体が少ないので、分布図が空白に近い状態。

 大手前の岩本氏に聞くと、尼塚の資料は京都府立城南高校蔵。高校に資料調査に行くのは初めてなので、うまくいくかどうか…。

|

2007年9月 3日 (月)

メッセージ

 携帯に気になるメッセージが2件残されていた。國學院栃木短大の小林さんと、阪大の寺前から。津山の家にいる間は携帯を鞄に入れっぱなしなので、気づかなかった。

 小林さんからは、実習で発掘中の古墳について。是非とも見に行きたいが、今は栃木まで行く余裕がない…。

 寺前からは、同僚H君の連絡先の問い合わせ。彼に連絡を取りたがっているということは、長尾山古墳で埴輪が出ているということだろう。阪大の調査ホームページで確認すると、埴輪と葺石が出ているようだ。いずれ見学に行きます。

|

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »