« 代表 | トップページ | 報告書 »

2008年2月13日 (水)

新資料

 神奈川のN氏から、重要な報告書が送られてきた。玉川文化財研究所2006『新羽南遺跡 新羽南古墳発掘調査報告書』。古そうなヤリと剣が出ている。

 これまで関東では神門古墳群が孤立した状態だった。対岸の空白を埋める存在として、西日本との交流ルートを探るうえでも、きわめて重要な資料だ。現場が終わったら見に行こう。

|

« 代表 | トップページ | 報告書 »