« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月30日 (金)

九歴

 無事に九歴での資料見学を終了。九国博ができて、入口付近の風景が様変わりしていた。中期古墳の武器を実測するのは久しぶり。中期は何しろ数が多くて、集中力がもたない。

 M氏、O氏、K氏ほか、懐かしい面々にも再会。

|

2008年5月29日 (木)

次々と

 科研の本を送った方々から、御礼の本が次々と…。

 島根の花さんの科研報告書『出雲における県(あがた)の歴史考古学的研究』。久々に花さんらしい馬具のトレース図面を見た。

 I先生から『西都原Ⅰ』、『埴輪論考Ⅰ』ともに大谷大学博物館発行。噂によると、I先生は埼玉人らしい。レッズサポでしょうか?

 U氏からも朝日谷の報告書をいただく。

 お互いの研究は物々交換で進めるのがいいですね。励みにもなるし。

|

2008年5月28日 (水)

準備

 成り行きで引き受けた発表に備え、『古代兵器通論』や『新世紀的中国考古学』を読みつつ、資料集成を進めている。この資料をすべて自分で実測したら、すごい研究になりそうだ。

 九州歴史資料館に資料調査のお願いをしたが、約束の9時半には始発の新幹線でも飛行機でも間に合わないことが判明。意外と遠い太宰府。前日に行くしかないが、夜はハングル講座があって身動きが取れない。最終の新幹線に間に合うかどうか…。

|

2008年5月27日 (火)

誤植

 『東国史論』18号と抜刷が送られてきた。読み直して参考文献に大きなミスを発見…。科研の本では気づいて直したのだが、東国史論の方は見落とした。抜刷を配るのが憂鬱になる。

|

2008年5月26日 (月)

不参加

 土曜日に自治会の臨時総会があったので、今回は協会に行けなかった。どんな本が売られていたのか、気になる…。しかし、おかげで日本vsコートジボワールが見られた。長谷部の成長ぶりは頼もしく、このままW杯予選でも日本を引っ張ってほしい。

 臨時総会では、無事に自治会費500円値上げが承認された。これで予算案を作って次の代に引き継ぐことができる。

|

2008年5月23日 (金)

報告書

Kakenn001 歴博のU氏から、科研の報告書が送られてきた。

U氏は私と同学年だが、「こいつには勝てない。」といつも思う研究者の1人。「鏡しか分かりませんから…。」と言いつつ、素晴らしい本を作っている。研究の幅の広さを見せつけられた。

それにしても、印刷屋さんがシモダ印刷なのはなぜ?熊本の会社だと思うのだが…。

|

2008年5月22日 (木)

大津

 大津市に資料調査に行く。センターに行くのは、学生時代に研究会で行って以来、10年ぶり。その研究会で調査報告のあった遺物を見せてもらう。

 しばらく見て歩かないと、研究の方向性が見えてこないようだ。

|

2008年5月21日 (水)

弁当

 藤原で弁当をめぐる争いが起きている。従来の業者が値上げを通告してきたところ、他の業者を探しまくって安いところを見つけた。しかも、新しい業者は初日のみ弁当100円というサービスで、ほぼ全員がそちらに傾いた。

 その後、従来の業者も値上げを撤回し、数日は100円でサービスすると申し出てきた。儲けの少ない職場は切ったほうが、弁当屋のためになると思うが。

|

2008年5月20日 (火)

縄文

 日曜日、兵庫陶芸美術館に縄文土器を見に行った。あまりの装飾に、素直に感心する。美術館で見る完形品も悪くない。しかし、美術館なのでメモ禁止。業界人らしい人は少なかったので、問題ないか?

 帰りに丹波焼の皿とぐい飲みを購入。

|

2008年5月19日 (月)

鉄鏃

 後輩を通じて、古墳研のレジュメを入手。K氏による鉄鏃の新研究。

 ついに鉄鏃研究にも新視点が現れた。文章化されるのが楽しみ。

|

2008年5月16日 (金)

キトラ

Kitora001 キトラの報告書が配られた。カラフルで美しい本だが、私の執筆分はモノクロで地味。

大刀の破片と復元品は飛鳥資料館で展示中。

|

2008年5月15日 (木)

発表

 日本中国考古学会の6月関東例会で、発表することになった。完全に成り行きで…。

 とはいえ、これまでに見た中国の刀剣は15本くらいか?それだけで発表になるのだろうか…。

|

2008年5月13日 (火)

廃止

 宿舎の階段に、「1~3号棟は平成22年4月をもって廃止します。」という紙が貼られていた。2年以内に引っ越さねばならないようだ…。

|

2008年5月12日 (月)

チーム再編

 藤原サッカー部では、新年度から白チームが大きく負け越していたので、連休明けからチーム替えをする。私とI氏が青チームに移籍し、戦力の均衡が取れてきた。

 やはりどちらかが負け続けているとストレスが溜まり、午後の仕事に影響するので良くない。

   

|

2008年5月 9日 (金)

資料調査

 研究所に毎日いても仕方ないので?、ぼちぼち資料調査の予約を入れはじめる。滋賀と東京と九州。東京の某博物館では、雑誌か機関誌に資料調査の成果を報告するよう勧められるが、それは資料を見ないと決められないのでは?

 九州では5月末に『九州前方後円墳研究会』がある。できればセットで行きたい。 

|

2008年5月 8日 (木)

料理

Photo マンガですが、よしながふみ『きのう何食べた?』がたいへんおもしろかった。料理作りの描写がいい。これを見ながら作ろうと思います。

|

2008年5月 7日 (水)

祝賀会

 連休初日、I先生の退職を祝う会で岡山に行く。事前に岡大埋文センターOBで飲んでいたので、ほろ酔い加減で祝賀会に出席。

 当日配られた冊子に、I先生が漫画家だった頃の原画が載っていた。これをもらえただけでもかなりの収穫。

|

2008年5月 2日 (金)

研修

 埋文センターの研修で、秋に「鉄製武器調査過程」というのをやることになった。何とマニアックな…。何人参加すると思っているのだろうか。(決して私が出した企画ではない。)

 講師に内諾を得るべく電話しているが、みなさん忙しいらしく、全然捕まらない。これは企画調整部の仕事だと思うが。

|

2008年5月 1日 (木)

手紙

 京都の先生から、科研の本に対する手紙が届く。便せん6枚に渡ってびっしりと…。

 それを読んで研究の方向性について悩んでいるが、すぐに解決できるはずもない。手紙ではわからないことがあるので、ゆっくり話しを聞きたいものです。

|

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »