« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月31日 (木)

飛行機

 カンボジア行きで乗る予定のベトナム航空だが、昨日のニュースによると成田空港でエンジンから白煙を吹いたらしい。さらに不安が募る…。

|

2008年7月30日 (水)

メール

 早く帰ってアルゼンチンvs日本を見る。FWの質の違いは明白。カウンターでも入る気がしない…。

 韓国に長期滞在中の同僚A君から近況報告のメールが来た。連日の爆弾酒攻撃にさらされているが、元気らしい。慶州も猛暑で現場は中断とのこと。藤原宮の現場でも、いずれそうなるかもしれない。

|

2008年7月29日 (火)

庭園

Kikkawa_2Mantokuin_3 妻が博物館友の会見学ツアーの下見に行くというので、北広島町へ。まず吉川元春館跡を見学。以前は冬に来たので、雪が積もっていた。新しい展示室も完成していた。

 続いて万徳院跡へ。こちらも良く整備されている。さらに小倉山城を見学し、最後に小保利薬師を見る。入り口で鐘を鳴らすと受付の人が出てくるという、変わったシステム。一日の見学としては、充実した内容。

|

2008年7月25日 (金)

会議

 発掘調査のてびきの会議で平城へ。一日中会議は疲れるが、全国の方々の意見が聞けて勉強になる。昼休みは久々に広い平城グラウンドでサッカー。死にそうになる。

 夜の会議が3次会まであって、終電ギリギリでした…。

|

2008年7月24日 (木)

論文

 先月、日本中国考古学会の関東部会で発表した内容を文章化している。これも博士論文の一部で阪大論集の原稿を兼ねているが、資料調査不足で自分でも面白くない。しかし今さらどうしようもないので、さっさと書き上げて韓国編に移ろう…。

|

2008年7月23日 (水)

 国立科学博物館から『黄金の国ジパング』の図録が送られてきた。展示協力者の欄を見ていたら、北島康介や王貞治の名前が。もしやと思って出品目録を見ると、金メダルがありました。

 これだけでも見に行きたくなった。

|

2008年7月22日 (火)

飲み会

 久々に阪大に行き、T前氏や学生さんたちと飲み会。みんな頑張っているようです。いつも通りT前邸に泊めてもらう。感謝。

 とにかく暑いが、家ではなるべくクーラーをつけないように出歩く。鏡野町に新しくできたホームセンターまで自転車で行き、倒れそうになる…。

 

 

 

|

2008年7月18日 (金)

再び

 あっという間に首位に返り咲く。しかし闘莉王の3ゴールでは手放しで喜べない。高原はどうなっているのか…。

 

|

2008年7月17日 (木)

遺物

 前期古墳の刀剣研究が一段落してしまったので、新しい研究の方向性を模索している。弥生の刀剣の時のように熱中できる遺物はないものか…。

 とにかく見ないと始まらないので、後期の刀の資料調査を始めようと思っている。

|

2008年7月16日 (水)

色々と

 昼のサッカーでは最近W杉君の調子がいい。今日も素晴らしいミドルシュートを決めて、青チームの勝利に貢献。T田さんも絶賛のシュートだった。現場中の方が調子がいいのか?

 午後は竹中大工道具館の方が石神の鋸を見学に来る。その後、カンボジアの打ち合わせで平城に行き、帰り道で後輩のH氏と会ったので飲みに行く。平城の近況を色々と聞けて、有意義な飲み会であった。

|

2008年7月15日 (火)

ベトナム

 8月のカンボジア調査は申し込みが遅れたのでバンコク経由のチケットが取れず、初めてホーチミン経由で行くことになった。ホーチミンには大学の友人が赴任しているが、会う時間はなさそう。初めて使うヴェトナム航空は一抹の不安が…。

|

2008年7月14日 (月)

2位

 大分に0-2の完敗を喫して2位に後退。エンゲルス効果もここまでか…。最近試合そのものを見ていないが、どのようなサッカーを展開しているのだろうか…。

 週末は久々に妻と梅田まで買い物に行き、GAREで靴をゲット。難波にはない店がたくさんあって良い。

|

2008年7月11日 (金)

何とか

 諸般の事情により参加できるかどうかわからなかったのだが、どうやら今年もカンボジア・西トップ寺院の調査に行けそうだ。早々に書類を出さなくては…。

 最近の通勤読書は辻村深月『子どもたちは夜と遊ぶ』講談社文庫。まだ上巻の途中だが、結構ハマっている。

|

2008年7月 9日 (水)

 すごい雨だった…。午後はもう降らないだろうと思ってのんびりしていたら、夜の7時頃から降り出して研究所に足止めを食らう。やみそうもないので諦めて帰り、畝傍御陵前駅に着いたときはずぶ濡れでした…。

|

2008年7月 8日 (火)

まだまだ

 報告書の金属器の実測が終わったと思ったら、石器が大量に出てきた。しばらく砥石の実測に追われそう…。

|

2008年7月 7日 (月)

上尾人

 宮内庁のK氏とS氏から抜刷等が届く。K氏も上尾出身であることが判明。東博のH氏といい、意外に多い埼玉人…。

|

2008年7月 4日 (金)

北と南

 福島の師匠から報告書が送られてきた。『庚申壇古墳1』福島大学行政政策学類考古学研究室。序文に書かれているように、地道な調査研究と報告が地元に理解され、文化財専門職の増加にも結びつけば良いと願う。

 それにしても、都出先生の弟子は鹿児島から福島までTK216型式期の前方後円墳を調査している。まさに前方後円墳体制を再現しているようだ…。

|

2008年7月 3日 (木)

貸し出し

 午後は国立科学博物館への貸し出しがあった。科博といえば、上野動物園とセットで子供の頃によく行った。入口のシロナガスクジラと、レバーでロケットを操作する機械が印象的。先日、東博の帰りに前を通ったら『ダーウィン展』をやっていたので、25年ぶりくらいに足を踏み入れた。展示はものすごく混んでいて、落ち着いてみられなかったが。今度の展示『黄金の国ジパング』はどのくらい入るのか。最近の博物館は入館者数が問われるし…。

 偶然にも、午前には茨城県立歴史博物館の方が同じ遺物を下見に来た。金と銀に関わる展示が流行っているようだ。

 

  

|

2008年7月 2日 (水)

うーむ

 神戸に行ってきた。報告書が出たばかりの資料を見せていただく。補足が必要なヤリの資料も自分の目で確認した。いつもY氏とN氏にはお世話になりっぱなし。

 鹿児島の師匠が、奈文研の報告書が出回らないことに怒っておられた。とくにキトラは奈文研だけが出す報告書ではないので、行き渡らない可能性がある。独法なんだから、需要のある報告書は発行部数を増やして販売するシステムができないものか…。

 

|

2008年7月 1日 (火)

大垣

 大垣に行ってきた。京大を中心とする人々と、資料調査を兼ねた実測の手伝い。みんなで遺物を見るのは新鮮で楽しい。大垣は学生さんを育てつつ、仕事も着実に進めるという、良好な関係ができている。さすがNさん。

 飲み会→焼き肉という大垣コースも満喫した。ありがとうございました。

|

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »