« 貸し出し | トップページ | 将軍山 »

2008年9月26日 (金)

実像

 土生田純之編『古墳時代の実像』を読んだ。

 「近畿地方在住の古墳時代研究者が畿内中心に偏り地方軽視の傾向にあることは理解できないことではない。」とある。それには、やはり私も含まれるんでしょうか?なるべくそうならないように、資料を広く見てるんですけど…。そもそも弥生の鉄剣なんて、畿内に資料がなかったし。

 近畿も単なる一地域として扱えばいいと思うが、色々考えさせられる本であった。

|

« 貸し出し | トップページ | 将軍山 »