« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月27日 (金)

 また雨で現場できず。この時期に雨が続くとは…。

 仕方なく、紀要の原稿を書く。そういえば、今日が締め切りだったな…。

|

2009年2月26日 (木)

鍔と鉄鏃

 ひとまず装飾付大刀を脱して、鍔と鉄鏃の研究史へ。鍔の研究では、静岡のN氏が私と関連する研究を進めていたことを知る。

 鉄鏃の地域性と階層性についても、最近論文が多い。とくにS師匠やOさんなど、静岡の人が鉄鏃に熱心だ。静岡軍団の後期古墳パワーには圧倒される。

 

|

2009年2月25日 (水)

勝利

 遺構のK氏が復帰し、雨中のサッカーで久々の勝利。慶州のK氏は悪いピッチに弱いようだ。

|

2009年2月24日 (火)

連敗

 昼のサッカーで青チームは屈辱の6連敗。K氏が長期出張中でサイドからクロスがあがらず、FWの得点が激減している。白チームでは慶州のK氏が連続ゴールで勢いに乗っている。185㎝の長身の上にキープ力がある。

 何とかヤツを止めないと。

|

2009年2月23日 (月)

3月まで

 小雨の降る中、断割が続く。見解が大きく変わる部分もあり、一筋縄ではいかない。つくづく、石神遺跡は難しい。

 今週は天気が悪そうで、3月まで現場かもしれない。

|

2009年2月19日 (木)

断割

 石神でコツコツと柱穴の断割を続けている。慶州から来日中の金先生と一緒に断面図作成。やっと終わりが見えてきた…。

 装飾付大刀の研究史は、芋づる式に文献が出てきて収拾がつかない。意外に中期の研究が手薄のようだ。

|

2009年2月18日 (水)

装飾付大刀

 考察を書く必要上、装飾付大刀の研究史を調べているうちにハマってしまった。最近は倭風装飾付大刀の研究が進んでいるようだ。

 それに比べて、普通の鍔付大刀なんて、まったく研究が進んでいない。逆におもしろそう。

|

2009年2月17日 (火)

パスポート

 パスポートの期限が切れそうなので、更新に行く。できるまで1週間かかる。遼寧行きのチケットを発券するのにパスポートが要るそうだが、間に合うのだろうか。

|

2009年2月14日 (土)

現説

 現説が終わった。見学者は1600人以上で、橿考研との相乗効果はすごいと実感。顔なじみの方が声をかけてくれるのもうれしい。

 あとは断割ですね。

|

2009年2月13日 (金)

 夕方頃、現場に突然南風が。もう春が近いようだ。我々は秋班のはずだが…。

|

記者発表

 石神遺跡の記者発表が終了。現説準備は万全だが、問題は春の嵐か。午後はW君の檜隈寺へ図面の手伝い。久々に自分の背よりも高い断面図を書いた。

 『考古学雑誌』にI氏が大論文を書いているのを発見。受付は2006年、受領日は2007年、発行は2008年となっているが…。 

|

2009年2月12日 (木)

新説

 以前取材に来た『新説日本ミステリー』の新説とは、「蘇我氏はローマ人だった」であることが判明。甘樫丘からはローマ系の遺物は出ていないが。やたら石垣と暗渠にこだわっていたのが関係あるのだろうか。

|

2009年2月 9日 (月)

月の輪

 妻が借用したい遺物の下見に行くというので、月の輪収蔵庫へ。久々に月の輪古墳にも登る。以前は歩いて1時間かかったのだが、最近は林道がついて車で上がれる。

 収蔵庫では、月の輪古墳の報告書がまだ売られていた。残り3冊だったので、思わず買ってしまった。

|

2009年2月 6日 (金)

終了

 今年度の非常勤が終了。今年も熱心に聞いてくれる人がいて、試験も一生懸命書いてくれて、たいへんうれしかったです。

 この中に考古学を続けてくれる人がいると、さらにうれしい。

|

2009年2月 5日 (木)

記者発表

 キトラの閉塞石の記者発表が無事に終了。明日から展示するので、現場終了後に慌てて準備をする。

 よく見ると漆喰も残っていて、渋い逸品である。

|

2009年2月 4日 (水)

フィンランド

 日本対フィンランドを見るために、現場のあと即帰り。フィンランドといえば、映画『かもめ食堂』か。

 あまりおもしろくない試合だった。仮想オーストラリアにしては、弱すぎないか?

|

2009年2月 3日 (火)

 平面図を中断して現場検討会をやっている途中に雨。あと30分あれば図面が終わったのに。

 明日の空撮が心配。

|

2009年2月 2日 (月)

実測

 今日も石神遺跡で平面図の作成。柱穴が激しく重複しているので、なかなか進まない。

 K氏から、3月に遼寧に行けるかという問い合わせがくる。さすがにそれまでには終わってると思うが。遼寧に行ってしまうと、年度内に博士論文が完成しないことは確実…。

|

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »