« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月30日 (金)

考察

 考察の最後の部分を書いている。中国はもちろん、新羅、伽耶、百済の初期国家形成については体系的な研究があるのだが、高句麗は見あたらない。新人のS君も知らないという。平城から東先生の『高句麗考古学研究』を取り寄せるが、若干ニュアンスが違うようだ。

 しばらくは東アジアの比較研究が必要だ。

|

2009年10月29日 (木)

来客

 福島大考古学研究室の一行が旅行で飛鳥資料館に来た。現場を抜けてKさんに挨拶に行く。喇嘛洞の刀剣を見ながらマニアックな話をする。

 少々現場疲れ気味で、電車の中で本を読むと寝てしまう…。

|

2009年10月28日 (水)

科研

 現場を午前中で切り上げ、科研の説明会に出る。若手研究は1人2回まで、という制限が付いたことを知る。経過措置でもう一度だけ応募できるようだが。

 もう若手でもないということか。

|

文献

 いくつかの文献をいただく。

 職場のH氏からは関西例会シンポの資料集『前期古墳の変化と画期』。これを読めば前期古墳編年の最新情報がわかる。鉄器は蚊帳の外に置かれているが…。

 浜松の師匠からは『内野上古墳群』、『四ツ池古墳群2次』、『長池古墳群4号墳発掘調査報告書』、『菊川市下平川の遺跡群』。まず写真が美しい。古墳のバックに浜松のランドマークがきっちりと入っている。武器では八幡ケ谷古墳の鉄鏃がおもしろい。変形の二段逆刺がまとまって出ている。刀剣装具も見る必要がありそうだ。

|

2009年10月26日 (月)

鉄人

Photo 新長田駅に行ったら、商店街に実物大の鉄人が。横山光輝の出身地らしい。商店街の至る所に『三国志』のキャラもいた。

 ついにレッズサポがキレた。大宮に0-3では無理もないか。期待が大きかった監督だけに、残念だ…。

|

2009年10月23日 (金)

 秋晴れの中、大極殿回廊の現場。下層溝の行方を求めて、総担当T氏と苦闘中…。

 届いたばかりの『扶桑 田村晃一先生喜寿記念論集』に、和田伸哉「房総地域における古墳時代後期から終末期の直刀の流通」を発見。さっそく読む。

 うーん。分布が興味深い。おもろい鍔もある。そろそろ、研究が次のステップに進む気運が見えてきたようだ。

|

2009年10月21日 (水)

食生活

 最近の通勤読書は平山瑞穂『シュガーな俺』新潮文庫。けっこう好きな作家だ。糖尿病に詳しくなった。自分の食生活をかなり反省。

|

2009年10月20日 (火)

ページ数

 試みに、本のページ数を概算してみる。当初の予定よりかなりオーバー。どうしよう…。

|

2009年10月19日 (月)

下層

 回廊下層遺構の調査が続く。少しおもしろくなってきた。

 夜は写真図版のレイアウト。ページ数と写真の数を確定せねば。せっかく牛さんに撮ってもらった写真が使い切れないので、扉ページでも入れようか。

|

2009年10月18日 (日)

講演会

 資料館の特別展が始まり、講演会があった。町田前所長と遼寧の田所長の講演。町田さんがパワーポイントを使いこなしていることに驚く。

 久々に会津のA先生、徳島のA先生、福岡大のM氏ともお会いできた。京大鉄器軍団も来ていて、みなさん熱心に見てくださったようだ。鉄製武器類も借りられれば良かったのだが、何せスペースに限りがある。

 

|

2009年10月15日 (木)

図録

 K氏から『考古資料の修復・複製・保存処理』の図録が送られてきた。津堂城山の刀剣装具について詳しく書かれている。衛門戸丸塚の樋をもつ刀剣も気になる存在。今までそういう目で見ていなかった。今後は注意しないと。

 本の仕様と予算を早く確定しろというお達しが来た。のんきに考察を書いている場合ではなさそうだ…。

|

2009年10月14日 (水)

継続

 今日はどんな手を使っても勝つ。と宣言したT田室長に2ゴールを喫し、6連勝ならず。

 「来年度の予算に合同宿舎の建て替えが算出されなかったので、少なくとも1年は2号棟に住み続けていいです」というメールがきた。良くやった民主党。

 あとは来年度中に大地震がこないことを祈るのみである。

|

2009年10月13日 (火)

連勝

 決定機を外し続けるが、最後にアシストして白チームの勝利に貢献。これで5連勝である。

 レッズは地域リーグの松本山雅に破れ、フィンケの解任騒動に発展しているようだ。そもそも育成型の監督なので、今年はタイトルを狙っていなかったのではないか?方針が揺れるとロクなことがないと思うのだが…。

|

2009年10月 9日 (金)

図録

Sannen 資料館の図録が完成。三燕の鉄製武器を図化した。自分では十分な編年ができなかったので、誰か使ってほしい。

|

2009年10月 8日 (木)

意外に

 明け方風が強かったが、意外に台風はたいしたことなかった。少ない人数でもサッカーができた。

 奈良に王権が誕生するのは、単に災害が少ないからではないだろうか。

 

|

2009年10月 7日 (水)

展示

 朝から台風対策で現場。テントを解体したり、土嚢を追加したり。

 現場のない日に宮内庁の展示に行きたかったのだが、雨が降りすぎて行けず。やはり週末に行っておくべきであった…。

|

2009年10月 6日 (火)

 雨で現場できず。台風が通過するまでできそうもない。

 現場がないので、サッカーは余裕を持ってできる。これが唯一の楽しみだ。

|

2009年10月 5日 (月)

レベル

 今日も現場でひたすらレベル記入。3人組で、わたしはレベルを読む係。これが一番楽なのだが、それでも声の出し過ぎで疲れた。あと実測図5枚以上残っている。一日晴れれば終わるのだが…。

|

2009年10月 1日 (木)

現場と飲み会

 今日から現場。藤原宮の大極殿院回廊。しかも、遼寧省からお客さんが来ているので飲み会もある。現場を終えて速攻で平城へ。

 客人の中に酒豪が1名いて、乾杯の連続でかなりのダメージを受ける。その後、懲りずに二次会。熊大出身のS君とS師匠の話で盛り上がる。現場初日から飲むと結構しんどい…。

|

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »