« 資料調査 | トップページ | 索引 »

2010年3月 2日 (火)

報告書

 気になる報告書が送られてきた。『立明寺地区遺跡B地点』株式会社島田組。「おー、民間調査機関の報告書だ。」と思ってめくっていると、住居跡から鉄剣が出ている貴重な事例。デジタルトレースなのか、小銅鐸を含めて金属器の図面がやや堅いが、写真は巻頭カラーも含めてプロの仕事。編集者は知り合いのY氏とK君だった。

 この遺跡は某ショッピングモールの建設に伴い、墓域を行政側が、集落域を民間機関が調査している。もしも、行政側の出す報告書がK・N遺跡のようなものだと、民間機関に完敗するのではなかろうか。

 とはいえ、発掘調査期間が2万平米で2ヶ月、整理・報告書作成期間が2年と、少しアンバランスな感じがする。契約は調査と報告で別に結ばれている。どうやって2万平米を2ヶ月で掘ったのか、素朴な疑問が湧いたのだが、調査経過や日誌が掲載されていなかった…。

|

« 資料調査 | トップページ | 索引 »