« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月29日 (日)

再会

 台風の接近で東京に帰れなくなると困るので、日曜のうちに戻る。ついでに協会に行く。

 『青山考古』にN君が鹿角装鉄剣の論文を書いていたので買う。それと、東京考古の中田遺跡の特集がおもしろそうだった。

 3年ぶりくらいに、中学と高校の同級生で日高市教委のH氏に会う。今は鶴ヶ島に住んでいるそうなので、川越あたりで飲む約束をした。

|

2011年5月26日 (木)

調整

 駅のエスカレーターが復活していた。これから暑くなるのに、節電しなくて大丈夫なのか?

 資料調査の日程調整をする。ようやく新しい方頭大刀が見られそうだ。列島展の解説当番も決まる。今年の目玉は何なのだろう。

|

2011年5月24日 (火)

帰宅

 資料返却の旅から無事に帰宅。やっと1年間のサイクルが終わった感じ。しかし色々な案件が山積み状態だ。

 移動中、ほとんど古代史の概説書を読んでいた。弥生~前期古墳への関心が薄れているのを実感する。新しいテーマを模索する時期が来ているようだ。

|

2011年5月19日 (木)

解説

 高松塚壁画修理施設一般公開の解説役で飛鳥へ。今回はキトラの玄武も公開しているので、参加者が多い。みなさん熱心で、解説する方もやり易い。団体小学生のパワーには圧倒される。

 現物を見ることは大切です。

|

2011年5月15日 (日)

引き分け

 月曜の朝早くから出張なので、日曜のうちに津山から帰宅。ちょうど埼スタで試合がある。第11節レッズvsセレッソ。

 早々に原口のキレのいいシュートで先制するも、ミスから失点。結局引き分け。少しずつ内容は良くなっているのではないか?

Img_1031

|

2011年5月14日 (土)

再開

 研究活動を再開。資料調査の手紙を出す。

 ヤマザキマリ『テルマエ・ロマエ』を読む。ルシウスと日本人の交流が素晴らしい。傑作だ。

|

2011年5月11日 (水)

同志

 今週から流浪の生活が始まる。

 福岡市博のA氏と飲む。彼も埼玉出身、さらにレッズサポであることが判明。チームの現状について、延々と語り合った。

|

2011年5月 9日 (月)

 新しい『大垣市史』が送られてきた。少し実測を手伝ったからだろう。遊塚の遺物実測図が掲載されている。埋納施設として、あの鉄器をどう考えるべきか。剣の鞘は付いてるのに、把の痕跡がないことに意味があるのだろうか。鉄鏃はいずれも実戦的なタイプだが。

 N君からは姫路の見野古墳群の報告書。須恵器の内面に猫の足形が残っている。家猫の存在を示す最古の資料らしい。おもしろい。

|

2011年5月 5日 (木)

吾妻ひでお

 妻と明治大学博物館の『吾妻ひでお展』に行く。すごい展示だった。結構、客も多かった。東博のブッダ展よりおもしろいのではないか。

 『うつうつひでお日記』も読まなくては。

|

連敗

 第9節レッズvsマリノス。今年初の埼スタ。

 中盤のプレスをかわされ、嫌な展開。後半、中村俊輔のフリーキックから失点し、最後はカウンターで2失点。ブーイングの嵐…。

 1勝3敗はないだろう。

|

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »