« 再会 | トップページ | お誘い »

2011年6月 1日 (水)

年代論

 和歌山県岩内1号墳出土の大刀。鐶付足金具は亀井囲、連行1号より新しそうだが、最新型式ではない。把頭と責金具が残っていないのが残念。

 森浩一、巽三郎は有間皇子の墳墓とする。私の実年代観は、偶然にもそれに近い。被葬者はともかく、編年上、重要な資料であることは間違いない。

 

|

« 再会 | トップページ | お誘い »