« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月30日 (金)

撤収

 『国民のたから展』@岡山県博は今週で終了です。まだの方はお早めに。

 というわけで、来週は撤収と返却。

|

2011年9月27日 (火)

とりスタ

Img_1200

先週、とりぎんバードスタジアムでガイナーレ鳥取vs東京ヴェルディを見る。ヴェルディはまだ昇格の可能性が残されている。このスタジアムはピッチとの距離が近くて良い。来年はここでレッズ戦が見られる、なんてことにならないように…。

|

2011年9月21日 (水)

庚寅年

 庚寅年銘大刀の出土には驚いた。これで須恵器に頼らない大刀の編年が可能になりそうだ。自分が研究しているときに関連資料が出るとは運がいい。これが出る前に論文を書き始めなくて良かった。

 台風で地下鉄も東部東上線も止まり、遅くまで帰れず。明日は出張で新幹線を使うのだが、今日帰れなかった人たちで混みそうだ。

|

2011年9月20日 (火)

終了

 出張やら連休やらで、久しぶりに宿舎に帰る。ずーっと気になっていた懸案事項が解決して、少しだけ気持ちが持ち直した。

 多摩のKさんから連絡。『東国史論』が25号で刊行を終了したので、最後に論集を作るとのこと。それは知らなかった。図面の仕上がりのよい貴重な雑誌だったのだが…。たいへんお世話になったので、ぜひ投稿したい。

|

2011年9月12日 (月)

現説

 妻が担当していた津山城表中門の現説に行く。巨大な礎石と立派な排水溝が出ていて、なかなか見応えがあった。

 我が浦和レッズは降格圏のモンテディオ山形に完敗し、今シーズンの目標がタイトルから残留に変わる。もう何年、こんなシーズンを繰り返しているのだろうか…。

 明日からしばらく出張が続く。

|

2011年9月 9日 (金)

飲み会

 宮内庁の方々と飲み会。今まであまり接点がなかったが、先輩や後輩がいるので。

 何の前置きもいらない古墳談議は非常に楽しい。またやりましょう。

|

2011年9月 7日 (水)

資料見学

 ささいな出来事が少しずつ効いてきて、精神的にかなり低下した状態。

 気を取り直し、休みを取って資料見学。群馬へ。上福岡から高崎に行くには、東武東上線小川町で八高線に乗り換えるのが良いらしい。小川町は小学校の社会科見学以来、寄居は高校の40キロハイク以来の通過であった。

 旧吉井町の東シメ木の鉄刀と、甘楽町の伝安坪古墳の方頭大刀。どちらもマイナーな資料だが、特に後者はすごかった。今まで見てきた中で、一番残りが良かった。

 あと一息で問題が解決できそうだ。

 

|

2011年9月 3日 (土)

新世代

 先生の本のあとがきに、新しい世代は、黒田俊雄が目指した新しい歴史学の構築に向けて、すでに一歩を踏み出していると書いてある。わたしは踏み出せているんでしょうか…。

|

2011年9月 2日 (金)

新書

 本屋で都出先生の岩波新書を発見し、即買い。となりのミスドでそのまま読み始める。最新の情報がすでに盛り込まれている。

 たから展は、開幕直後にいきなり台風のようだ…。

|

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »