« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月30日 (月)

福山

 広島県立歴史博物館に特別展を見に行く。広島城の鯱瓦が展示されていた。すごい存在感。

 博物館のポスターで、旧新市町の歴史民俗資料館でも特別展をやっているのを知り、見に行く。二子塚古墳の双龍環刀把頭と須恵器を見ることができた。

|

2012年1月24日 (火)

 昨晩は思わぬ雪。朝には放射冷却で凍ってた。余計怖い。

 同じ階のとなりの課でインフルエンザが蔓延しつつあるようだ。この大切な時期に。

|

2012年1月22日 (日)

総括

 結局、監督ペトロ、FWポポ、DF槇野、ユース出身2人を獲得し、MF阿部が戻るかもしれない。出て行ったのがFW原、FW高崎、MF堀之内、DF堤。差し引き、戦力は向上していると思う。課題の大型FWが獲れなかったが、少しは期待できるか。監督の手腕に期待大である。

 しかし、ペトロは広島時代も最初の年に降格したような気がする。

|

風邪

 疲れが出たのか、風邪でダウン。週明けには復活せねば。

 もう無理が利かないことを実感。

|

2012年1月16日 (月)

笠岡

 笠岡市立郷土館に行った。重文の大飛島祭祀遺跡出土品が展示されている。あまり知られていないが、方頭大刀の把頭が含まれている。ケース越しに見ても、いまいち細部がわからん…。

 大飛島の遺物には、笠岡市蔵品とは別に国有品があり、岡山県博に寄託されている。その中にも双脚足金物と鍔の付いた大刀片がある。把頭と同一個体かもしれない。いずれ、きちんと調査せねばなるまい。

 明日から連続で出張。

 

|

2012年1月12日 (木)

電話

 ほぼ1年半ぶりに牛さんと電話で話す。とくに変わりなし。そのうち飲む機会もあろう。

 東松島市の矢本横穴墓群の報告書を、ついに読むことができた。しばらく現物は見られないだろうが、方頭大刀の図面は良い。総括も読み応えがある。

 

|

2012年1月11日 (水)

移籍

 結局、高原獲得は消えた。槇野が来るようだ。欲しいのはFWだ!

 鹿島サポーターの元興寺T氏と、お互いのクラブの移籍情報について語り合う。T氏は中堅の野沢と田代の神戸移籍を嘆いておられた。

 

|

2012年1月 9日 (月)

獲得?

 若手FWの高崎がヴァンフォーレ甲府へ完全移籍。代わりに清水から高原を獲るという噂が。うーん。高原か…。もっと確実なブラジル人がいないものか。

 監督がペトロビッチならデスポトビッチは残留するんでしょうか。

|

2012年1月 8日 (日)

九州説

 最近の通勤読書は門脇先生の『邪馬台国と地域王国』。先生の絶筆。最後は九州説に意見を変えておられたんですね。

|

2012年1月 5日 (木)

帰宅

 超久しぶりに宿舎に帰ると、宅急便が送り主に返送されていた。不在が長すぎたようだ。

 年賀状も、出してない人から若干来ていたが、今から出すのもな…。

 『考古学研究』も届いてた。

|

2012年1月 4日 (水)

講演会

 5月に某資料館で講演会をやることになった。テーマは7世紀の武器。方頭大刀については、まだ論文の体裁をなしていないが、図面等を準備できるだろうか。

 方頭大刀を研究し始めてから、東北方面には資料調査に行くが、九州と四国に行くことはなくなった。そのあたりも考察したい。

|

土塔

Dotou

 先日、整備の終わった史跡土塔を初めて見学した。残念ながら、墳丘?には登れない。すごい存在感。義兄が泉北沿線に住んでいたので聞いてみたが、土塔の存在は知らなかった。堺市民にはあまり知られていないのだろうか。

|

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »