« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月30日 (火)

手順

 本日は学生さんと測量の練習。

 よく考えると、一班が平板で実測している間に、別の班で結合トラバース→閉合トラバースを組めばいい。図面をつなぐのは後でいいことだ。

 それまでに、トラバースの手順をマスターしよう。

|

2013年7月29日 (月)

トラバース

 国土地理院のホームページで測量基準点を調べる。

 古墳の周囲に閉合トラバースを組むのなら、何とかできる。しかし、基準点2点間で結合トラバースとなると、私の力量を超えている。自力でやったことはない。(奈文研はGPSだ。)

 さて、どうするか…。

|

2013年7月25日 (木)

中間発表

 修士論文の中間発表が終了。美術史、保存科学、考古学で丸一日。前職場にいたおかげか、すべて興味深かった。

 夜は坊主山の整理。3回生Mの描く鉄鏃の実測図が突然上手くなっていて、驚く。継続は力なり、か。

 

|

2013年7月24日 (水)

講読

 前期の講読も最終回。論文は「農具鉄器化の二つの画期」。読み直すのは何年ぶりだろう。

 結局、英語論文を読むことはできず…。

|

2013年7月23日 (火)

見学

 実習最後の授業は現場見学。奈文研の興福寺僧坊の現場。担当者のB氏に説明していただく。ありがとうございました。

 時間があったので大乗院庭園も見学。懐かしい。頭塔は次回に行こう。

|

2013年7月22日 (月)

資料

 古墳研の発表資料を作る。いま投稿中の論文にプラスして、方頭大刀の研究も加える。こちらはトレース図ができておらず、原図を使うしかない。

|

オープンキャンパス

 土曜日はオープンキャンパスだった。遠方から熱心な生徒さんが来ていて、励みになります。

 その後、シンポジウムの懇親会に参加。前任の先生にようやくご挨拶。遅い…。

|

2013年7月18日 (木)

連敗

 マリノスに連敗を喫して4位転落…。しかし、前半折り返して首位と勝ち点5差の4位は、悪くないのかもしれない。課題は守備だ。

 久々に橿考研にご挨拶に行く。そのまま藤原でサッカーしようかと思ったが、余裕なし。

|

2013年7月17日 (水)

発掘の案内

 早稲田大学から発掘調査の案内が届く。千葉県芝山町高田2号墳と栃木県岡之内B遺跡。後者は縄文草創期。時期をずらしているということは、両方の調査に参加する学生さんもいるんでしょうか?すごいパワーですね。

 うちは8月後半に測量調査なので、その前に先輩・友人の現場を見て歩こうか。

|

2013年7月16日 (火)

完敗

 川崎フロンターレに0-4と完敗して3位転落。昨年度に等々力競技場で見た試合も、レナトにハットトリックをくらった。アウェイの川崎は相性が悪いようだ。

 

|

2013年7月10日 (水)

2ステージ制

 J1リーグの2ステージ制移行が当面は見送りとなった。

 当たり前だ!かつて浦和レッズは年間勝ち点では1位にも関わらず、チャンピオンシップでマリノスに敗れて2位に甘んじた。あの悔しさは一生忘れない。

 1年間通じて強かったチームが優勝に決まってるだろ!

|

2013年7月 9日 (火)

ゼミ旅行

 阪大で研究室旅行といえば、学祭シーズンだった。自分は教育実習の説明会で遅れて行ったのを覚えている。

 他のゼミは夏休みに行くらしい。最近知ったので、うちのゼミでは何も企画せず…。測量調査も、通信制のスクーリングもあるので、動けない…。

 学生さんには申し訳ない。春に企画します。

|

暑い

 梅雨明けの炎天下、実習で平板図の等高線入れ。

 これでみんな古墳の測量ができるはず。

|

2013年7月 8日 (月)

陶棺

 陶棺復元プロジェクトの見学会に行く。津山市(旧勝北町)水原古墳の陶棺を復元している。現品は東博に展示されているので、見た人も多いはず。

130706_104120

130706_102550

 蓋はまだ試作段階。身は底を刳抜き、脚を落とし込む。移動できないので、この場で煉瓦で窯を築いて焼くとのこと。

 頭で考えるより、はるかに困難な作業。

|

2013年7月 4日 (木)

レイアウト

 方頭大刀論文のレイアウトを始める。把頭だけで2頁。長い論文になりそう。

 奈文研紀要が送られてきた。甘樫丘東麓遺跡の概報を読む。倉庫と石垣の手前は工房エリアになりそう。尾根上で遺構が見つからなかったのが残念。

 西トップの成果もおもしろい。

|

2013年7月 2日 (火)

馬具

 Ⅹ線撮影の成果に基づき、修論で馬具を扱う学生さんに色々と教わる。現物を前にした議論は非常に楽しい。

 須恵器の実測も進んだので、科研が通ったら途中経過の概報を作るか?

|

2013年7月 1日 (月)

X線撮影

Img_2413_2
 坊主山古墳群出土品の整理作業を大学でやっている。今日はX線撮影。大学に設備があると、たいへん助かる。保存科学の方々、お世話になりました。

 鉄鏃にも馬具にも、興味深い資料が含まれている。

|

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »