« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月30日 (火)

資料調査

 たつの市で資料調査。これまで見てきた中で、最古段階の資料。実測が難しい。

 古手の編年の基準が見えてきたが、まだまだ…。

|

2014年9月28日 (日)

発表

 関西例会での発表が終了。来年は双龍環刀で発表できるように、作業を進めよう。

 久々の例会は、若手と学生が多くて驚いた。今後もできるだけ参加します。

|

2014年9月26日 (金)

得点

 積極的なディフェンスから、2日連続得点。今まで間合いを詰めるだけだったが、今日はボールを取りに行く。サッカーの世界が、また少し広がった。

 浦和レッズは着々と優勝に近づいているが、なかなか試合を見に行けない。明日は長居でセレッソ大阪戦だが、研究会発表。さすがに発表者が懇親会欠席は無理だ…。

|

2014年9月24日 (水)

撮影

 坊主山の須恵器の写真撮影。奈文研は基本的に撮ってもらうので、自力の撮影には慣れていない。ストロボはないが、牛さんの見よう見まねで撮る。

 集合写真は、いずれ依頼しないと。

|

2014年9月23日 (火)

発表資料

 今週末、関西例会で発表するので資料作成。今日1日で完成。

 あとは遺物写真のパワポが必要。

|

2014年9月22日 (月)

一乗谷

 週末、福井へ。単なる旅行です。舞鶴若狭道が開通し、西から北陸へ行きやすくなった。

 一乗谷を見学。立体復元に人が集中しているが、対岸をくまなく見学する人は少ない気がする。

|

2014年9月19日 (金)

資料調査

 行橋で資料調査。竹並遺跡の双龍環頭大刀。大体は位置づけが分かるようになった。

 資料館は大河ドラマ効果で盛り上がっていた。

|

2014年9月16日 (火)

特別展

 古代出雲歴史博物館で、古墳時代中期の特別展を見る。国宝、重文がたくさん並んでいた。すばらしい展示の資金力。しかし、それよりも中小古墳の鉄製武器が興味深かった。いいケーススタディはできないものか。

 それ以上に時間をかけたのは、かわらけ谷と高広横穴の双龍環頭大刀。後者はもっと近くで見ないと、細部がわからん。

|

2014年9月12日 (金)

完成

 韓国での研究発表の資料がやっと完成。当日、新情報が仕入れられれば良い、という感じ。

 資料調査の予定がいくつか決定。双龍との付き合いも長くなりそうだ。

|

2014年9月 9日 (火)

内容が

 久々に青空の下でサッカー。ノーゴールだったけど、楽しい。 

 韓国での研究会の発表準備。私の課題が「装飾付大刀を除く武器」なのが痛い。最近やっていることと全く離れている。

 何とか今週中に…。

|

2014年9月 8日 (月)

資料調査

 久しぶりの資料調査。木更津で金鈴塚の双龍環頭大刀。

 以前の木更津の講演会で、副葬された大刀には大きな時期差はないといったが…。改めて見てみると、そんなことはない!少しは6~7世紀の刀剣を見る目が養われたということか…。

|

2014年9月 6日 (土)

スクーリング

 友人F氏が奈良に来たので、飲み会。3次会まで。

 通信スクーリング2日目が終了。疲れた。

|

2014年9月 3日 (水)

失点

 測量が終了。みなさんお疲れ様でした。

 今日からサッカー復帰。不調で失点を重ねる。自分はカウンターで1ゴール。

|

2014年9月 1日 (月)

研究発表

 雨で測量中止。

 11月に釜山で武器の研究発表をするので、その準備。日本の武器はともかく、韓国の刀剣鉾について語るのは、現在の自分の力量では難しい。いい機会なのでまとめて勉強したいが、締め切りが今月半ばなので、明らかに時間不足。

|

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »